薬剤師になるためにはどのように転職すべきか

英語を勉強し一般企業の薬剤部門へ転職

薬剤師(転職)【紹介実績多数】薬剤師転職

2つ目は英語を勉強することです。
海外部門に配属されたら必要と感じますが、それ以外でも必要であることが一般企業に転職して初めてわかりました。
大学で営業マンに感銘を受けて、たまたまその営業マンが属する会社に薬剤部門があったのでつてを使ってお世話になることになりました。
すると、日本で働いている医師は外国人労働者もたくさんいるので、微妙なニュアンスは英語で話さざるを得ません。
日本語で話していては伝わるものも伝わらないので、よほど良いものを紹介しない限りは相手の気持ちはあっという間に離れていきます。
私は前述した営業マンから英語を勉強しておくと良いとのアドバイスをもらっていたため、転職活動を開始したときからTOEIC高得点取得に向けて勉強をしていました。

「(医療機関に)定期的にかかってるのとは別に、健康診断は絶対受けてもらいます。

「嫌だと言っても、年5日以上の有休は取ってもらいます。

「そのために、事務員も薬剤師も、これからどんどん採用します。

当たり前とは思うけど、これを公言・実行してる所に転職したい。

— 森野 熊三(筋トレこそ正義) (@sdkfz186) 2019年1月23日
このため、企業には遺贈されてからお客さんとの会話について困ることはないです。
むしろ早い段階から信頼関係を培えるのでライバル営業マンと比べてあっという間に契約までたどり着けます。
3つ目は社会貢献したいという精神です。
ドラッグストアでは大して実力を発揮出来なかった私でも、数年掛けてようやく営業という天職に就くことが出来ました。
こればかりは実際に働いてみないとわからないのでアドバイスのしようが無いですが、昔と比べてずっと一つの会社で定年まで勤めるべきという固定観念を過度に意識しないことが大切です。

薬剤師としてドラッグストア勤務だったが企業の営業マンに影響を受ける | 英語を勉強し一般企業の薬剤部門へ転職 | 今では新薬開発のプロジェクトチームリーダーに | 薬剤師専門の転職比較サイトが便利に利用できました