薬剤師になるためにはどのように転職すべきか

今では新薬開発のプロジェクトチームリーダーに

私はお世話になった営業マンから得た営業の知識を何とかして薬剤師の仕事に絡められないか日々考えてきました。
すると、資格所持者ならではの切り口で営業が出来ることを見つけました。
あとはそれが正しいかどうか大学のゼミ生や講師に確認してより良いアピールを出来るように努めました。
今思えば推敲時間が合ったからこそ、現場で話し合いになったときに当意即妙に相手の質問に対して答えられるようになりました。

時間を掛けた分だけその言葉に対して相手がどのような質問をしたくなるのかあらかじめ予測しやすくなるので、答えをすぐに話せるのです。
短時間で要領よくアピールするためには下準備が必要であることを転職活動を通じて学べました。
今では新薬開発のプロジェクトチームリーダーに抜擢されたので、研究チームと一緒に素晴らしい薬を作ることに専念しています。

薬剤師としてドラッグストア勤務だったが企業の営業マンに影響を受ける | 英語を勉強し一般企業の薬剤部門へ転職 | 今では新薬開発のプロジェクトチームリーダーに | 薬剤師専門の転職比較サイトが便利に利用できました